Web・アプリ系プログラミングを始める人にはMacがお勧め

mac プログラミング

みなさんが普段使用しているパソコンはwindowsでしょうか。それともmacやlinuxでしょうか。
今回はWeb系プログラミングを始まる人はmacパソコンがお勧めだという根拠を示します。

著者はWebやアプリの開発を中心に行なっている現役の個人事業主のエンジニアですので実際の経験に基づきmacパソコンがWeb系のプログラミングに優れているという事を説明できます。

これからプログラミングを始めたいけど何のPCを購入して良いかわからない人などに参考になればと思います。

Macとは

MacとはApple社が開発したいるパソコンです。Macの特徴として、OS(オペレーションシステム)からパソコン基盤までApple社が製造しているのでサポートが一貫して受けられます。

Macの特徴としてUnixというOSを使用しており、このOSを参考に現在WEBサーバでよく使われているLinuxというOSが開発されたのでLinuxを使用する開発現場ではMacを使用している率が高い傾向です。

Windowsとは

WindowsはMicrosoftが開発しているOSです。

世界のOSシェアはmacよりWindowsの方が圧倒的に高く、幅広く使われています。

日本で見かけるパソコンは大体がWindowsなので、macを使っている人でも操作自体はwindowsになれておいた方が良いです。

【プログラミング】Macを購入した時のWindowsと比較した時のメリット

WebサイトのサーバOSはMacと似ているLinuxベースが多い

Webサイトを公開するためのサーバはLinuxベースのOSを使用することが圧倒的に多いです。

開発の現場ではLinuxコマンドなどを使用してプログラミングで開発したWEBサイトのコードをデプロイ(リリース)します。

macパソコンはUnixOSというものを使っており、Linuxとの共通点がかなり多く、Macでそのまま開発したソースがLinuxベースのサーバでそのまま動くというのはよくあります。
逆にWindowsで開発したソースがLinuxベースのサーバで動かなく原因解明に多くの時間がかかるということもよくあります。

本来的に不必要な時間を節約できるのでWebサーバを学ぶという意味ではMacが圧倒的にお勧めです。

Python,Ruby,NodeJS,PHPなどの特定言語の開発はMacのが導入簡単

プログラミングを学ぶ上での一番の挫折ポイントは開発環境の構築です。

MacではデフォルトでRubyやPythonが使用できます。逆にWindowsでデフォルトで使用できる言語というものは多くありません。

またプログラミング環境の構築方法では以下のような差があります。

Windows

  • ブラウザからGUIで視覚的にインストールできる

Mac

  • コマンドベースでインストールできる

上記を見ると、Windowsのが簡単ではないかと思うかもしれません。事実はそうではありません。

ブラウザでインストールしなければならないということは、特定のサイトにアクセスしてダウンロードボタンを押してインストールしてパスを通してといういくつかのフローが必要で時間がっかります。またサイトの見た目が変わったりした時点で手順がコロコロ変わります。

コマンドでインストールするということは毎回同じコマンドを打てば同じ環境が作れるということです。実際のプロの開発現場でもサーバに開発環境やモジュールなどを導入する時にはコマンドベースでのインストールが9割を占めると思います。

これらのことを踏まえると開発環境の作りやすさや後々の現場での有用性からMacの方が利点があります。

iOSアプリはMac(Swift)でしか使用できない

Macを使用する以外にiOSアプリ(Swift)を開発する術がありません。現在iOSの開発をする気が無くてもいずれ、iOSのアプリを作りたくなることや作らなければならないことが起こるかもしれません。

Webエンジニアとアプリエンジニアは以外と共通点があります。アプリエンジニアが使用するAPIなどをWebエンジニアが作るケースが多々あるからです。
そういったときにSwiftなどを知ってアプリ開発の知識もあると強みになります。

BootCampを使用してMacでWindows環境も動かせる

macは便利といってもwindowsを使いたくなる時もあると思います。
現にプログラミングという分野ではほとんどありませんが、windowsのみのサービスなども存在します。

そんなときにmacでもwindows環境が動かせる仕組みBootCampというものがあります。
これを使用すれば,macだから出来ないということは無くなります。

逆にwindowsでmacを使用する方法は現状ありませんのでmacだけの特権です。

Linuxコマンドの学習はMacでほぼ代用可能

OSに何か処理をするためにITの技術者はよくコマンドを使用します。WEBサイトを構築する上で使用するOSはLinuxが多いのでLinuxのコマンドの学習がかなりの確率で必要です。

Macで使用できるUnixのコマンドはLinuxのコマンドと同様のものが多く、Macを使用してプログラミングの学習をしていく過程でLinuxコマンドも同様に学べます。

Windowsでは仮想環境を使用すればLinuxOSをインストールすることもできますが、初心者にはハードルが高いし、デフォルトで類似コマンドが使用可能なMacの方が大幅に学習効率は高いです。

WEB系プログラミング学習サイトの解説はMac向けのものが多い

プログラミングの学習サイトを見ていると海外のものは当然のようにmacで使用するコマンドを使っていたりキャプチャ画面が明らかにmacのものだったりしています。

初心者の方はこういった差に気付かず本来windows用に変換して考えなければならないことをそのまま実行してしまいドツボにはまります。

こういった事でプログラミングに挫折することは大変もったいないないのでmacのお勧めです。

WindowsとMacの性能はどちらが良いのか

よくMacの方が性能が良いと言われていますが、そんなことはありません。
OS自体の性能はほぼほぼないと言っても良いかと思います。

しかしwindowsのPCはMacと同様の価格のものを購入したときに、性能差がピンキリです。
どこかのメーカが出した詐欺のようなスペックのPCがあったり、逆にMacより良いスペックのものがあったりしています。

これからプログラミングを学ぶ人たちはパソコンの性能関係に詳しくなかったらmacのPC(mac book proやmac book air)などを選ぶと良いかと思います。性能面で申し分ありません。

性能面でどのようなPCを選ぶと良いかというポイントを以下に記載しておきますので参考にしてください。

  • CPU core i7以上
  • メモリ 8G以上
  • SSD 128G 以上(HDDは不可)

記事に質問がある人やもっと学びたい人は無料slackサロン インターネットの寺子屋

この記事に質問がある人やもっとITの質問をしたい学びたいという人は、筆者フィフが運営するインターネットの寺子屋というサロンをお勧めします。

完全無料で筆者に質問や学習相談ができます。

IT、プログラミングだけではなく就職や起業についてなど幅広く扱えるサロンにします。
このサロンを中心に関係する人たちが社会で活躍できる環境を作ります。

招待リンクは以下になります。

Slack

コメント

タイトルとURLをコピーしました